096 エアコンいらずのテノール歌手 錦織健①

なにわのヨッサン とっておきの【音楽交遊録】・・・・吉川智明(096

ヨッサンが小さい時、ほんの少しだけ住んでいた東京都北区滝野川に、同じように住んでいただけなのに親近感を覚え、彼の著書に目を通していたことがあった…その名は安倍公房。…が目を心を奪われることはあまりなかった。「箱男」や、たとえば彼の「他人の顔」…“風邪をひいた犬のような空のはためきが、すぐ屋根の辺りまで下りてきていた”ふ~~ん…なんや、よう解からんワ、イマジネーション不足の体質なのか。解かるのは犬も風邪を引くこと。この風邪…我々にとって、これが万病の元だとは分ってはいるけど、難儀なんですよネ。

♬  以前、ご紹介した音楽評論家宇野功芳先生とお仕事していた時のこと、先生とヨッサンが、クラシック音楽の演奏の良し悪しをズバッと語り合うコーナー“コーホーのいいたい芳題・かけたい放題”がありました。これをまとめて3カ月分…計13回分取り貯め。よりによって収録時にヨッサンは風邪=鼻声!!玉葱の切り口を目に近づけられたような…泣きたい気分。3カ月間…毎週毎週“その時の鼻声”がオンエアされたのでありました。(トホホ…)

さて、この風邪談議で鼻ちょうちんを膨らませながら語り合ったお方がいます。錦織健さん。読み方は“にしこり”ではなくって“にしきおり!!”あのテニスプレイヤー錦織圭は“にしこり・けい”…島根県松江市出身。そして今回の主人公は日本を代表するテノール歌手錦織健は、“にしきおり・けん”…本名は“にしこおり・けん”島根県出雲市出身。なんや、ややこしいワ。

N:錦織健 Y:ヨッサン

N「今晩は!」Y「流石、声もよ~通る。ヨッサンは鼻声でございまして…」

N「鼻声っていい声なんです。鼻にかかるっていうのは、セクシーな声だから(Y:やおら鼻にかけた「潮来の~!!」と橋幸夫の物真似)歌声でも鼻にかかった人って素敵だし、アニメの声優さんって、いいなあってみんな言いますからネ」

Y「声出す仕事してると、たとえば“(この隣の人)風邪ひいてはるワ。チョッと離れなあかん!”とか、凄くデリケートになるでしょ!?」

N「初めのうちは、そうでもなかったんですけど、風邪引いて、コンサートをキャンセルしたことあるんですヨ。気管支炎がゲボゲボ!??になって、その時の反響っていうんですか、抗議ですね、それを聞いて“風邪引くぐらいだったら、何を失ってもいい!人間関係失ってもいい!友達がいなくてもいいから、風邪だけは引くまいって思っちゃいました。キャンセルするまでは”別に風邪引いたってネ、歌えなくもないし、たいしたことないや!!“と思ってたんですけど、キャンセルしたとき(反響・抗議)辛かったんでネ」

Y「声を保つ…鼻のうがいやってはります?!」N・Y「(揃って)やってます!!」

N「鼻から(水)飲むほうですか?口から吸って鼻から出すほう?僕は口から。…両方いるんですけど」

Y「僕は鼻から。外から帰ったら鼻のうがい。ところで、ヨッサンはクーラー入れてませんねん」(2006年夏インタビュー)

N「僕もやめました。冷房だけでなく暖房もやめました…年中!!ですからエアコンなしの生活送ってますヨ!“寒かったら厚着する。暑かったら裸になる!!”そういう生活をしています。扇風機も使いません」

Y「へェ~~~~!?せやから、声楽家は体が楽器なんや!!」

…という訳で、読者のみなさんも〝鼻のうがい”を実践してみては??ハナから諦めたらアカンで!!(よしかわ・ともあき FM大阪くらこれ企画プロデューサー)

錦織健プロデュース・オペラVoL5 ロッシーニ:「セビリアの理髪師」“恋のトラブルフィガロがまぁ~るく収めまっせ~”  3月4(日)午後5時、兵庫県立芸術文化大ホール。06・6341・0547大阪新音。

096nishiki

錦織健さん 写真=三浦興一

コメントは受け付けていません。

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031