おとなの文化村 (040回) 落語専門の作家の小佐田定雄さん

今夜のゲストは 新作落語中心に落語専門の作家というきわめて珍しい職業の小佐田定雄さんをお招きしています。

小佐田さんは1952年大阪のお生まれで演芸研究家、演芸作家、落語作家として活躍されています。中学生のころに桂米朝さんらのラジオ番組を聞いて落語に興味を持つようになり、大学時代は古典芸能研究会に所属し落語一筋。そして卒業後、サラリーマンをしながら新作落語を書き始めました。77年に「幽霊の辻」という作品を桂枝雀さんに送って採用されたのをきっかけに無謀にも脱サラ、枝雀さんをはじめとする米朝一門を中心に新作を提供するようになり、現在では古典の復活・改作も手がけています。またNHK総合およびBSの「上方演芸ホール」の司会やNHKラジオ第一「かんさい土曜ホットタイム」において「上方落語噺」のコーナーを月1回担当。そのほか落語関連・寄席関連番組の構成等を多数担当されています。また主な著作としては「5分で落語のよみきかせ ふしぎなお話の巻」(PHP研究所 )「5分で落語のよみきかせ とんだ珍騒動の巻」(PHP研究所)「落語大阪弁講座」(平凡社)「上方落語米朝一門おさだまり噺」(弘文出版)「茂山家の人びと京都の狂言師」そのほか、桂米朝・桂枝雀ほかのCDの解説など多数てがけられています。 今夜は桂枝雀さんの思い出も含めて落語界のイマを語っていただきます。

これに関連する記事

おとなの文化村 (039回) 地域環境家核研究所の若狭健作さん

今夜のゲストは 阪神なんば線の開通で大阪ミナミとつながった尼崎からのお客様株式会社地域環境家核研究所の若狭健作さんです。

若狭さんは1977年大阪の生まれですが、尼崎を愛する気持ちは誰にも負けないと自負する「地元愛プランナー」。湯たんぽから天ぷらまで、尼崎ならではの逸品を顕彰する「メイドインアマガサキコンペ」を企画。その他、大気汚染公害訴訟の和解金を活用して設立した「尼崎南部再生研究室(通称・あまけん)」の運営に携わり、尼崎南部のことしか載っていないフリーペーパー「南部再生」の編集発行を続けています。また、運河を船で走り工場群の面白さをガイドする「運河クルージング」、「尼いも」と呼ばれるかつての特産品の復活栽培など、とにかく地元にこだわった活動を展開している若狭さんです。そして 尼崎以外でも中小企業基盤整備機構の中心市街地商業活性化アドバイザー尼崎市の地域活動推進コーディネーター関西学院大学「地域・まち・環境総合政策研究センター」の客員研究員などを務められるなどまちづくりプランナーとして「オモロい!」をモットーにした街の仕掛けづくりを各地で提案されています。

これに関連する記事

おとなの文化村 (038回) がんこフードサービスの小嶋淳司さん

日本の外食産業のリーダーのお一人。がんこフードサービス株式会社代表取締役会長の小嶋淳司さんをお迎えしています。

ご自身の似顔絵が街のあちこちで看板として掲げられているおなじみの「がんこフードサービス」のお店の数々ですが小嶋さんは 昭和10年和歌山のお生まれ、昭和37年に京都の同志社大学を卒業後、大阪のすし店で1年間修行され 外食産業の基礎を学ばれました。そして翌昭和38年、創業の地十三に4坪半の寿司店を開業。2年後には106席の当時としては大型の寿司店を開き、このお店は現在も「がんこ十三寿司店」として営業されています。そして 以来現在まで関西、関東を中心に様々な業態の 店舗を幅広く展開されています。また、大阪商工会議所副会頭、関西経済同友会代表幹事、社団法人日本フードサービス協会理事長、社団法人大阪外食産業協会相談役理事など、公職につかれて 外食産業の地位向上に尽力されています。

これに関連する記事

WordPress Themes