おとなの文化村(412回) 獣医・ドクトル松田のどうぶつカフェ 松田憲児さん

今夜のお客様はFM大阪番組「獣医・ドクトル松田のどうぶつカフェ」の松田憲児さんです。

松田さんは1971年岐阜県のお生まれ。1998年、酪農学園大学獣医科を卒業。その後、一般動物病院に現在を含め15年間、犬猫の臨床獣医師として活躍。2000年より、酪農学園大学の附属動物病院に3年勤務。2006年には関西初・完全24時間動物病院を開業。2010年より2年間は、動物大手専門薬メーカーなどの治験業務やマーケティング業務にも携わられます。2015年4月高齢動物の介護施設、大阪 動物の療養院「倖命庵」を開設。2016年4月には、泉佐野市 関西国際空港近くで、ペットの総合施設『A.HUG』を開設されました。また2015年日本レコード大賞企画賞を受賞したCD~愛の周波数528Hz~シリーズ第4弾「いぬのやすらぎ」の動物の実証試験を担当されました。さらにFM大阪では「獣医・ドクトル松田のどうぶつカフェ」にて情報を発信するなど、精力的に活動されている松田さん。実は素足でマラソンする、裸足のランナーとしての顔もお持ちとか?獣医師として、動物・ひと・社会への関わり方についての熱い思い、そして今後の活動の展望など、思う存分裸足で?語って頂きましょう!

これに関連する記事

おとなの文化村(411回) 上方歌舞伎塾 片岡千次郎さん

今夜のお客様は昨年に引き続き「あべの歌舞伎、晴(そら)の会」を公演される若手上方歌舞伎俳優「片岡千次郎」さんです。

あべの歌舞伎「晴(そら)の会」は松竹歌舞伎塾第一期生、片岡松十郎さん、片岡千壽さん、片岡千次郎さんの3人で昨年旗揚げ、アベノ近鉄アート館で第一回公演を開催。1,200人のお客様の前で3日間、好評な舞台を繰り広げられました。今年は7月29日から8月1日まで4日間にわたり6公演を開催。昨年同様、山村友五郎さんの演出・振り付け、片岡秀太郎さんが監修をつとめられます。今夜のゲスト、片岡千次郎さんは昭和56年、橿原市のお生まれ。平成11年上方歌舞伎塾第一期を終了、3月に大阪松竹座「忠臣蔵」で初舞台。12月南座公演から片岡千次郎を名乗ります。そして、平成25年12月、南座公演で「名題」に昇進されました。昨年に続いて、若手三人衆を代表してスタジオにお越しいただいた千次郎さん。ことしのあべの歌舞伎の内容や見どころとともに、今回はじめて導入するという「クラウドファンディング」のご案内もお話しいただきましょう・・・それでは千次郎さん、待ってました。

これに関連する記事

おとなの文化村(410回) 野球界番付社・代表 塩村和彦さん

今夜のお客様は「野球界番付社」代表で「竜田紙工株式会社」社長の塩村和彦さんです。

リスナーのみなさん、2016年のプロ野球も序盤戦5月に入り熱戦が繰り広げられています。昨年活躍した選手が移籍したり、大リーグへ渡ったり・・・。セパ12球団で新人、中堅、ベテランとおよそ800人にのぼる選手を、横綱から序の口まで、実力順に番付をつくり掲載している「日本野球界番付」の存在をご存知でしょうか?20年以上にわたって、この番付をつくり続けているのが塩村和彦さん。塩村さんは1960年のお生まれ。大阪明星高校~龍谷大学を卒業後、1983年に竜田紙工株式会社に入社。1993年から「日本野球界番付」を発行されるほか、相撲グッズでも1995に大相撲「明荷くん」を発売。2008年から「行司相撲字一覧」制作など、様々な相撲商品を発表されています。今夜は、ことしの「野球界番付」はどの選手がどの位置に?また、番付作成に至る「番付編成会議」とはいかなる組織なのか・・・?プロ野球は、「なにわ」にこだわりながらも、なぜか「大のスワローズファン」で知られるノイリン。そして、今夜は野球オンチのノグッタンに代わりピンチヒッターでスタジオ入りまた「よっさん」とともに、さあ、あなたのごひいき選手の番付は・・・じっくりとお聞きいたしましょう。

これに関連する記事

WordPress Themes