Category: ゲスト紹介

おとなの文化村(688) 書生演歌師・バンジョー&バイオリン奏者・作曲家 宮村群時さん

今夜のお客様は書生演歌師・バンジョー&バイオリン奏者・作曲家の宮村群時さんです。

宮村さんは昭和47年、1972年愛知県生まれ。2000年、キングレコードよりバンジョープレイヤーとしてメジャーデビュー。多くのテレビ番組のジングルなどに起用されています。また「書生節」で天満天神繁昌亭など寄席に出演するほか、映画音楽やバンド曲の作曲で活躍中。「スープチンドンズ倶楽部」メンバーとして広告活動、エンターテイメントユニット・元祖お囃子カントリー「ぐんきち」、アメリカン・オールドタイムストリングバンド「バグンヘ」でオールドタイムミュージックをベースに歌謡曲などを演奏。そのほかトラッドジャズバンド「キャンディジャズ楽団」をはじめ、オリジナルブルーグラスバンド「ナゴラ」の結成、アイリッシュパンクバンド「クラシックチャイムス」に参加など多彩に活躍。2004年、チチ松村さんと「大阪バンジョー祭」を企画開催。2005年から兼ねてから研究していた書生演歌の活動を高木蜻蛉之介さんと始め、大阪新世界で「流し」も体験、書生演歌のソロ活動を開始。2009年講談師旭堂南海さんと上方書生節協会を設立。「日本オーストリア交流年2009」記念イベントに招待され日本文化「書生節」をウィーンで演奏披露されました。「今甦る書生節特別興行「大正百年祭」開催、 NHKラジオ「鉄道開通140周年特別番組」出演、NHK土曜テレビドラマ「夫婦善哉」の書生役で出演。わがまちミナミでは「とんぼりリバージャズボート」に参加。そして来る9月23日、道頓堀並木座で開催されるOSAKAものことファクトリー・道頓堀結(ゆい)オープニングイベント「道頓堀ジャズ物語」に出演されます。今夜はそのイベントの主催者でもあるノイリンとの共演です。

これに関連する記事

おとなの文化村(687) 映画監督・脚本家 安田真奈さん

今夜のお客様は映画監督・脚本家の安田真奈さんです。

安田真奈さんは1970年生まれ、奈良県出身、大阪府に在住。神戸大学映画サークルで8mm映画を撮り始め、松下電器産業(パナソニック)に約10年勤務。その間にインディーズ映画祭で6冠のグランプリを獲得、コンテスト荒らしOL監督との異名(いみょう)があったそうです。そして2006年、「幸福(しあわせ)のスイッチ」監督・脚本で劇場デビュー。和歌山の小さな電器屋を舞台にした、上野樹里さんと沢田研二さんの心あたたまる親子物語で、第16回日本映画批評家大賞特別女性監督賞、第2回おおさかシネマフェスティバル脚本賞を受賞。期待の新人女性監督としてデビューした安田真奈さん、その後出産を契機におよそ11年間は脚本家としておもに活動されてきました。そして2017年から、加古川市を舞台とした青春映画「36.8Cサンジュウロクドハチブ」、小芝風花さんが近大マグロをアツく育てる青春映画「TUNAガール」で映画の監督・脚本に復帰されました。ご出演を前に安田さんの作品を毎晩見てきたノイリン、じつは20年ぶりの再会だそうです。

これに関連する記事

おとなの文化村(686) 大阪市西区区長 臣永正廣さん

今夜のお客様は2013年8月以来2度目のご出演、大阪市西成区区長の臣永正廣さんです。

臣永さんは 1954年6月、徳島生まれの67才。高校生までは地元徳島で過ごし、日本大学を自主卒業(中退)後、広告代理店勤務を経てフリーライターとなり、週刊朝日をはじめAERA、週刊文春、週刊新潮などで取材執筆活動に従事。記者時代は、当時危険と言われた戦争終結後のベトナムやカンボジアをバイクで横断取材を敢行するなど行動派の面目躍如。そして帰郷して徳島・那賀川町の町長に就任し、2期7年勤め上げるも、隣接する阿南市への編入合併で失職。その後、徳島大学病院長の広報担当特別補佐の仕事に携わってこられました。そして2012年、大阪市が実施した区長公募に応募し合格、縁もゆかりもなかった西成区にやってきた臣永さん。前回は2012年から16年までの勤務の後、お母さんの介護のために徳島へ帰郷されました。しかし西成への想いから再チャレンジし今年2021年4月から二度目の西成区長に就任。同一区の区長を同じ人物が務めるのは大阪市始まって以来のこと。区政でも前例のないことに果敢に挑戦したいとの思いで、5年のブランクを挟んで帰って来られました。今夜は帰ってきた臣永区長から西成への熱い想いをお伺いします。

これに関連する記事

WordPress Themes