Category: ゲスト紹介

おとなの文化村(473) シンガーソングライター 番匠谷紗衣さん

今夜のお客様は現役高校生シンガーソングライター番匠谷紗衣さんです。

番匠谷紗衣さんは1999年大阪府泉佐野市生まれ。中学2年生の頃、尾崎豊の曲との出会いから、自分の意志の表現としてアコースティックギターを持ち、数々のアーティスト、様々なジャンルの曲をカバーしつつ、唄・言葉・音楽で自分を伝えるために、作詞作曲を始めました。そしてそれだけでは我慢できず、街へ飛び出し路上ライブを始め、ライブハウスのステージ活動をはじめます。その日の出来事、思い出、大切な友達のことなど切々と曲にしていく日々、納得のいかない時はギターを抱いて寝る夜も続いたとか・・・・ギターを持てば、自由になれる。唄を唄えば、嫌なことも忘れると、活動を全国に広げていき、2015年、梅田AKASOで初のワンマンライブを皮切りに、東京下北沢、大阪難波、BIGCATとライブ活動を展開中。いま彼女の理解者、ファンがどんどん増加中。今夜は、愛用のギターを持って大人の文化村に登場。等身大の紗衣さんのお話を伺いながら、スタジオライブもしていただきます。

これに関連する記事

おとなの文化村(472) あべの歌舞伎・晴の会 片岡千壽さん

今夜のお客様は 来る8月3日から6日まで開催される「あべの歌舞伎・第3回晴の会)に出演する片岡千壽さんです。

片岡千壽さんは兵庫県のご出身。平成11年3月、「松竹・上方歌舞伎塾第1期」を終了。大阪松竹座「仮名手本忠臣蔵」十一段目の村松三太夫役などで初舞台。その年12月、片岡秀太郎さんに入門し「初代、片岡千壽郎」を名乗ります。師匠 秀太郎さんの薫陶を受け、上方歌舞伎女方を修行。平成24年、南座公演「廓文章」の仲居およしで「片岡千壽」と改め、名題昇進。第18回「日本俳優協会賞奨励賞」を受賞。上方歌舞伎塾出身者を軸に毎年開催される「上方歌舞伎会」でも活躍。平成25年夏の「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」仲居万野役、「大當り伏見の富くじ」での奇妙な神官と犬の二役の演技で高い評価と注目を集められました。平成25年度「咲くやこの花賞」を受賞。「鳴神」の「黒雲坊」、「あらしのよるに」の「狼ばりい」などに抜擢され活躍。平成28年5月、市川染五郎さんの「師子王」ラスベガス公演にも参加されました。「晴の会」は、平成27年上方歌舞伎塾の一期生、片岡松十郎さん、片岡千次郎さんらと結成し、あべの歌舞伎として3回目の公演を来月開催。さあ、今年の公演の演目は、千壽さんの役どころは・・・見どころなど、たっぷりと語っていただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(471) メゾソプラノ歌手 田中友輝子さん 夕陽丘高校校長先生 恩知理加さん

なにわを語るなにわなピープル、今夜のお客さまは 来る8月15日、いずみホールで開催される「ヴィオーラコンサート」~大阪府立夕陽丘高校卒業生・教員による声楽ガラコンサートに出演されるメゾソプラノ歌手・田中友輝子さんと、校長先生の恩知理加さんです。

田中友輝子さんは昭和33年、大阪市南区河原町、現在の中央区難波千日前生まれ。地元の精華幼稚園、精華小学校、南中学校、清水谷高校を経て大阪音楽大学声楽科、大学院歌劇専攻を終了。昭和59年、関西歌劇団定期公演・朝比奈隆指揮の「ドン・カルロ」エポーリ姫役でオペラデビュー。その後数多くのオペラに出演され、平成9年なみはや国体夏季大会では「井村コーチのシンクロナイズドスイミング」をバックにアリアを独唱されるなど、海外、国内の数多くの舞台で活躍されています。第21回なにわ芸術祭新人奨励賞を受賞。現在、大阪府立夕陽丘高校音楽科非常勤講師、関西歌劇団正団員、堺シティオペラ理事などを務めておられます。恩知理加先生は、昭和38年大阪野田のお生まれ。大阪教育大学を卒業、大学院を修了され、昭和63年に大阪府立平野高校へ赴任。人間関係コースで音楽療法の観点から音楽教育の基礎、生徒指導、学内連携などに携さわってこられました。平成10年から、大阪府立夕陽丘高校音楽科の担任として活動、ウィーン音楽研修をスタートされました。平成13年からは教育センター兼務として、邦楽教育などさまざまな事業を推進してこられました。平成23年、教育センター専従となられた後、教育センター付属高校教頭として活動された後、平成27年に大阪府立夕陽丘高等学校校長として着任されました。大人の文化村のノイリン、のぐったん、任ちゃん、それによっさんと全員が夕陽丘高校の卒業生。今夜は同窓会さながらに「われら夕陽丘」の思い出をたどりながら、音楽教育を実践するいまを大いに語りあいたいと思います。

これに関連する記事

WordPress Themes