Category: ゲスト紹介

おとなの文化村(567) 南河内万歳一座 内藤裕敬さんと鴨鈴女さん

今夜のお客さまはまたまたお越しいただきました「南河内万歳一座」座長の内藤裕敬さんと、初めてお越しいただく旗揚げメンバーの鴨鈴女さんです。

内藤さんは1959年栃木のお生まれ、1979年大阪芸術大学舞台芸術学科に入学、翌1980年10月、大学の仲間と「南河内万歳一座」を結成、唐十郎さんの「蛇姫様」で旗揚げ公演。鴨鈴女さんは大阪府池田市のご出身、大阪芸術大学2回生の時、内藤さんからスカウトされて旗揚げ公演「蛇姫様」に参加。その後の「南河内万歳一座」作品に出演するほか、唐組、MOTHER、空晴など、多くの劇団に客演、新橋演舞場の喜劇公演にも出演するほか映画やテレビ、CMにも活躍されています。関西小劇場界を牽引してきた南河内万歳一座は、来年2020年に劇団創立40周年を迎えます。昨年度から始まった「創立40周年へむけたカウントダウン企画」、いよいよ代表作「~21世紀様行~唇に聞いてみる」を23年ぶりに再演することになりました。すべてが東京一極集中の中、大阪の地で「劇団」にこだわって活動し40年継続してこれた意味を再確認し、2020年東京オリンピックを自身へのカウントダウンととらえる様々なニュースを発信する南河内万歳一座。今夜は6月6日から始まる東京公演、大阪公演を前に39年の歴史を歩んだお二人から再演にかける思いを語っていただきます。

これに関連する記事

おとなの文化村(566) 講談師 旭堂南陵さん

「おとなの文化村」は7月で11年を迎えるます。1回目のゲストが講談師の旭堂南陵さんでした。そして100回目を迎えた時も旭堂南陵さんを迎えて番組について語り合いました。今夜はアーカイブを振り返って第100回のゲストコーナーを再びお届けします。

これに関連する記事

おとなの文化村(565) クールジャパンパーク大阪記念公演「光と影」 鳴海じゅんさん 綺華れいさん

今夜のお客さまは 来る5月25日、クールジャパンパーク大阪記念公演「光と影」に出演される鳴海じゅんさん、綺華れいさんのお二人です。

鳴海じゅんさんは第80期生として宝塚歌劇団に入団。花組公演「火の鳥」で初舞台、男役として豊かな歌唱力、演技力を生かし、さまざまな主要な役を好演。「ベルサイユのばら」「風とともに去りぬ」など宝塚の代表作と言える作品に出演。退団後は宝塚をめざす後進の指導にあたるとともに、ディナーショーやトークショー、コンサート、ミュージカルの舞台活動に活躍されています。綺華れいさんは宝塚歌劇団第84期生、宙組発足公演「シトラスの風」で初舞台。その後星組に所属し、「ベルサイユのばら」アラン役、ベルナール役をはじめ「風とともに去りぬ」「王家に捧ぐ歌(アイーダ)」など宝塚歌劇代表作や海外選抜公演、ディナーショー、タカラヅカスペシャルなどに出演。退団後は舞台・ディナーショー・イベント・モデル活動とともにヨガ・ダンスインストラクターなど多岐にわたり活動されています。そのお二人が、この4月に開設された「クールジャパンパーク大阪」開場記念公演~180年後の未来、月と宇宙を舞台にしたファンタジー~科学がどれだけ進歩しようと人間が求め続ける「真実の愛」をテーマに、歌とダンスをちりばめたスペースオペラ「光と影」に取り組まれます。さあ、どんなステージが展開されるのか、今夜はその見どころなどたっぷりと語っていただきます。

これに関連する記事

WordPress Themes