Category: ゲスト紹介

おとなの文化村 (017回) プロデューサー 茶谷幸治さん

今夜のお客様はプロデューサーとして幅広くご活躍中の茶谷幸治さんです。

茶谷さんは1946年大阪のお生まれです。早稲田大学を卒業後 広告代理店電通に入社。CMクリエーターとして活躍された後1981年に同社を退社され、株式会社経営企画センターを設立。以降1993年神戸で開催された「アーバンリゾートフェア神戸’93」のチーフプロデューサーや、「ジャパンエキスポ世界リゾート博」催事プロデューサー、「ジャパンエキスポ南紀熊野体験博」総合プロデューサー等を歴任されています。また最近では 2004年から2006年にかけて「長崎さるく博」コーディネイトプロデューサーを務められ大成功を収められています。そして現在は 地元大阪の観光促進のための組織「大阪コミュニティーツーリズム推進連絡協議会」設立準備室のチーフプロデューサーとして多忙な日々を送っておられます。

これに関連する記事

おとなの文化村 (016回) フードライター 団田芳子さん

今夜のお客様は フードライターの団田芳子さんです。団田さん大阪市生まれの大阪育ち。生粋の浪花娘です お歳は聞かないようにしましょう。

編集プロダクション「ぺんらいと」を主宰。おいしいものおいしいお酒に目がない団田さん大阪が誇るグルメ雑誌「あまから手帖」を中心に「食」や「旅」をテーマに連載を続けておられる大阪の若手ライターのお一人です。2006年には 同じくライターの井上理津子さんとお二人で 大阪の名物案内の決定版ともいえる著作その名もズバリ「大阪名物」を発表。今夜は グルメの秋ということで「大阪の食」についていろいろと語っていただきます。 フードライターってどんな職業ですか?いま主に「あまから手帖」に執筆されていますがフードライターの一日って どんなんでしょう取材はもちろん食べて飲むんでしょうね。大阪の「食」について「コナもん」ばっかりでええのかよ、その人に大阪、あるいは大阪の「食」をどう訴えるか。

これに関連する記事

おとなの文化村 (015回) イラストレーター 成瀬国晴さん

今夜のお客様は イラストレーターの成瀬国晴さんです。成瀬さんは1936年大阪市生まれ、生粋の大阪人です。

イラストレーターとして、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、商業デザインなど幅広い分野で活躍されています。そして同時に テレビラジオなどの世界では レポーター、番組司会者、コメンテーターとしての顔もお持ちです。そして 日本漫画家協会会員、宝塚造形芸術大学講師も務めておられます。またその長い経歴の中で大阪府知事文化功労者表彰。第24回上方お笑い大賞審査員特別賞受賞。2007年大阪市市民表彰(文化功労者部門)、関西ディレクター大賞・特別賞受賞。そして先ごろは2008年第37回日本漫画家協会賞・文部科学大臣賞も受賞されています。 主な著作としては「新 上方タレント100人」(たる出版)、「ドキュメンタリースケッチ 夢は正夢 阪神タイガースの20年」(同)「ドキュメンタリースケッチ 大相撲」(京都書院)「画集 天神祭」(東方出版)「なにわ難波のかやくめし」(同)「アナログ時代のテレビ絵史」(たる出版)など画集、著書など数多く出版されています。また最近は 産経新聞木曜日夕刊に「今里新ドローム」を連載されています。

これに関連する記事

WordPress Themes