Category: ゲスト紹介

おとなの文化村(420回) A-yan!!代表 田中やんぶさん

今夜のお客様は「A-yan!!(エーヤン)関西をアートで盛り上げるNPO、代表の田中やんぶさんです。

田中やんぶさんは1970年5月、大阪市阿倍野区の生まれ。幼少期は、コーラ瓶を集めては酒屋さんに売りに、ザリガニをいっぱい捕まえてはペットショップに売り歩いた「あほぼん」だったと、ご本人の弁。自転車大好き、ウロウロするのが大好き、それが高じてバイクを手に入れウロウロしたまま日本一周をしていた「金ない、コネない、モテない」青春時代・・・。高校卒業後は、コンピューターのプログラマー、旅行会社の添乗員、屋台の販売員、水商売とおよそ50ぐらいいろんな職業を経験しながら大阪中をウロウロ。大コンパ大会を居酒屋でイベント企画したのを皮切りに、25歳の時には枚方市で自主映画を製作。大阪府立青少年会館で芝居やパントマイム、ゴスペルに出会います。 自主制作映画や舞台に出ながら、堺市文化振興財団が主催する「100万円やるからなんかイベントせえや」という企画に応募。審査委員長「21世紀ディレクターズユニオン」代表、林信夫さんらの目に留まり大賞を受賞。生活は、昼間の仕事がリストラされ夜の世界に・・・。ミナミの名店のマスターに拾われ始めたホステス稼業では、マネージャーにまでなり、お店が楽しくてどっぷりのホスト生活を満喫していました。そんなある日、イベント業界の第一人者、「マッシュ」間藤社長が店に遊びに来られて、「お前のやりたいことをきちんとせえや!」と一喝!・・・・・その一言で、夜の稼業から足を洗いました。それから、市民イベント、地域イベントの面白さに改めて気づき、イベントを学びながら「A-yan!!」の前身チームを立ち上げ、御堂筋パレードに出場。さまざまなアーティストやボランティアさんと出会い「関西をアートで盛り上げるNPO A-yan!!」代表、コミュニケーションアートの芸術家、役者、イベントプロデューサーとして、『みんなでオモロイコトで楽しむ』を合言葉に地域、町会や行政、企業、を問わずアートというより『オモロイコト』、『けったいな事』で多くの人を巻き込み大阪を盛り上げる活動を展開中、という田中やんぶさん・・・ノイリンとは15年余り前からの知り合いということですが、じっくりと話すのは久しぶり・・・さあ、いまやんぶさんが仕掛けていることは・・・伺っていきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(419回) 谷川真理子さん

今夜のお客様は 株式会社マイルストーン代表取締役の谷川真理子さんです。

谷川さんは兵庫県朝来市のご出身。立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。大学時代より第2外国語で中国語を学び、大学院在学中に北京大学へ1年間留学。卒業後、JTBのグループ会社に入社。中国行きパッケージツアー「LOOK JTB中国」や「旅物語 中国」の企画業務を担当されました。その後、通訳者・翻訳者養成校での「中国語コース担当教務事務職」を経て、ご主人の上海赴任に伴い中国上海へ居をうつされます。。上海では、駐在員妻の立場を忘れ、旅行会社で上海万博関連業務などの仕事に没頭。帰国後、中国語学習サイト運営、在阪外国人支援を行う大阪府の外郭団体勤務を経て、2015年6月に中国人インバウンド客を対象に、医療・健康・美容をテーマとしたツアーの企画立案・手配に取り組む、株式会社マイルストーンを設立されました。そして本年度、なにわあきんど塾同友会主催の「ビジコン・大阪2016」において優秀賞を獲得されました。今夜は、谷川さんの取り組むインバウンド観光についてじっくりお話を伺います。

これに関連する記事

おとなの文化村(418回) 医療・健康問題研究所代表 宮本正一

今夜のお客様は同志社大学生命医科学部講師、医療・健康問題研究所代表の宮本正一さんです。

宮本さんは1967年大阪府寝屋川市の生まれ。明星中学・高校、兵庫県立神戸商科大学、ボストン・ウェントワース工科大学を卒業後、ダイワハウス入社。その後、神戸大学ビジネススクールでMBAを、大阪市立大学大学院で医学博士号、カリフォルニア大学アーバイン医学部で解剖学修了証を取得されます。と聞くとガリべンタイプのようですが、なんと地元寝屋川市立南小学校時代は、少年野球「サウスボーイズ」の4番サードとして活躍、甲子園を夢見たこともありましたが・・・その夢は、明星高校一年の時「憧れの甲子園は野球では無理」と「ブラスバンド部」で入場式の先頭に立って行進して実現させたエピソードの持ち主です。そして平成7年、27歳で寝屋川市会議員初当選、5期務められ平成24年に第54代市会議長に就任されました。現在、政治の道とは袂を別ち、同志社大学生命医科学部講師、医療・健康問題研究所代表としての活動に専念。医学博士でMBAというキャリアを生かし、医学的検証と経営的な観点で「健康食育」「音楽療法」「講演活動」などの実践と著書を出されています。かつて宮本さんのご縁から、寝屋川市で開催された「バリアフリーミュージカル」で主役?に抜擢されたこともあるというノイリン・・・今夜のテーマは、ノイリンやよっさんにも他人ごとではない高齢者医療の問題とか・・・それでは宮本先生、よろしくお願いします。

これに関連する記事

WordPress Themes