Posts tagged: 2019

おとなの文化村(584) プールボランティア 岡崎寛さん 織田智子さん

今夜のお客さまは認定NPO法人「プールボランティア」理事長の岡崎寛さん、事務局長の織田智子さんのお二人です。

「プールボランティア」は1999年5月に団体設立、今年で、20年目。「障がい者は専用のプールへどうぞ。」そういった風潮があった今から20年前、NPO法人プール・ボランティアは活動を開始しました。「障害者も高齢者も健常者と同じようにプールを楽しめる社会の実現を目的」として、水の楽しさを伝え、水泳指導を行うほか、リハビリテーションのための水泳補助器具の開発や障がい者対応研修など、大阪を中心にその活動を広げられています。これらの活動が認められ、本年「第7回スポーツ振興賞」「第22回なにわ大賞・準大賞」を受賞。2020年東京オリンピック・パラリンピック、2021年にはワールドマスターズが関西で開催されます。「水の世界もバリアフリーに!を日本全国どこででも当たり前にしたい」と活動を続けるプールボランティア。第9回大阪マラソン オフィシャル寄付先団体として「スポーツ・文化を支える」大阪をスポーツの力で元気に!そして日本を元気に!と頑張る理事長の岡崎 寛さんは学生時代は競泳選手。1999年、大阪の民間会社に勤めていたとき、障害者の方がプールに来られてもハード・ソフト両面で利用しにくいということが気になり、何か水に関係するボランティア活動をしたいとNPO法人格を取得し活動を開始。事務局長の織田 智子(おだ・ともこ)さん学生時代は飛飛び込み競技の選手。百貨店勤務、専門学校パソコン講師、DTPデザイナーを経験され、岡崎理事長に賛同して一緒にプール・ボランティアを立ち上げられました。夕方までプールで指導してきたお二人、こんどはスタジオに入ってのトークを披露していただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(580) 第29回彦八まつり実行委員長 桂文福さん

今夜のお客様は「第29回彦八まつり実行委員長」の桂文福さんです

桂文福さんは1953年(昭和28年)和歌山県、現在の紀ノ川市のお生まれ。県立粉川高校を卒業し大阪でサラリーマン生活を体験後、昭和46年三代目桂小文枝(5代目桂文枝)に入門。平成元年、吉本興業から独立し有限会社文福落語プロモーションを設立。「落語で村おこし」を合言葉に全国市町村での「ふるさと寄席」座長として活躍。「真の笑いは平等な心から」のテーマで人権講演にとりくんでおられます。河内音頭、相撲甚句の芸で「エンカイテイナー」の異名をもつ文福さん。上方落語の始祖「米沢彦八」の功績を称え、上方落語の伝統を身近に人々に広くアピールしようと大阪生國魂神社で1991年から開催されている「彦八まつり」、本年第29回実行委員長として連日走り回っておられます。今夜は、文福実行委員長からことしの彦八まつりのみどころ、楽しみ方などたっぷりとお話いただきましょう。

これに関連する記事

WordPress Themes