Posts tagged: 2019/08

おとなの文化村(579) 関西二期会のオペラ歌手 ばりとん亭千秋さん

今夜のお客さまは関西二期会のオペラ歌手「ばりとん亭千秋」さんです。

ばりとん亭千秋、本名は高原千秋さん。伊丹市ご出身、現在74才。若い頃にはコーラスを経験されましたが、普通のサラリーマンとして社会人の道に進み、30歳で結婚。子供も生まれそれなりの立場の仕事をするうちにコーラスはやめてしまいました。40歳半ばで東京へ単身赴任、そのころから再びコーラスを楽しむようになり、再び大阪へ転勤したのを機に、合唱団に入団。オペラの合唱をしていて、ピンで歌う歌手の姿をみて「アレやったらワシもいけるん違うか?」と厚かましい気持ちがわいてきたのです。そして仕事は早期退職を決意、なんと関西二期会のオーディションを受けるという行動にに挑戦。なんと61歳で関西二期会に入会という偉業をなしとげました。レクィエムやメサイアなど宗教音楽にソリストとして活動するも、自身のコンサート「カンツォーネの歌詞を上方落語風に解説する~お笑いカンツォーネ~」が大評判。「となりの人間国宝」に認定され、ラジオ・テレビ出演やカルチャー講師としても活躍されています。今夜は、大人の文化村でたっぷりと「ばりとん亭千秋」の歌人生を語っていただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(578) 特殊幻視覚アーティスト スクリーミング・マッド・ジョージ

今夜のお客様はあべのハルカス24階の大阪芸術大学スカイキャンパスにて個展を開催中のスクリーミング・マッド・ジョージさんです。

スクリーミング・マッド・ジョージさんは1956年大阪ミナミ心斎橋生まれの日本人エフェクト・アーティスト、シュールレアリスト、映画監督。初芝高等学校卒業。大学の時渡米、マイケル・ジャクソン「スリラー」のミュージックビデオの特殊メイクで有名なリック・ベイカーの目に留まり、特殊メイクの世界で働かれます。以後は「ポルタガイスト2」「エルム街の悪夢4」日本の映画では「帝都大戦」など数多くの大作に参加しその名を不動のものに…..近年は日本に拠点を移し、オリジナル・ムービーの製作や、日本のバンドのプロモーションビデオを製作するなどの活動を行っています。また大阪芸術大学では専門特殊メイクを教えています。今回は「特殊幻視覚アートショー スクリーミング・マッド・ジョージ展」と題して大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)で個展を8月10日から9月16日まで開催されています。ジョージさんの15歳から62歳になるまでに携わってきた 様々なアートを一堂に集めたシュールでアンダーグラウンドな大作品展です。

これに関連する記事

おとなの文化村(577) 夙川座 浅川文恵さん 伊佐山紫文さん

今夜のお客さまは「夙川座」座長の浅川文恵さんと座付き作家、伊佐山紫文さんのお二人です。

「夙川座」は2015年に声楽家の浅川文恵さんと作家の伊佐山紫文さんが西宮で旗揚げ。「クラシックの美しい旋律に、現代の日本人が共感できる日本語の歌詞をつけて歌う」ことをめざして、これまで10本の作品を上演してこられました。座長の浅川さんは北海道岩見沢市出身。小学1年からピアノをやり、4年から合唱部で活動していましたが、藤女子短期大学英文科を卒業後旅行会社に勤務。結婚で関東に転居したのち関西へふたたび転勤。 40代後半になってから、コンクール本選入選のご褒美で音大へ、大阪音楽大学短期大学部声楽家を卒業、好きな音楽の道を歩むことになります。伊佐山紫文さんは大分県日田市出身、愛媛大学大学院中退後、角川書店「ライフステーション」編集部デスクを経てフリー作家として,小説、評論、戯曲、ルポなど多数の著書を発表。文章のプロとして作詞家としても活躍。そんなお二人が2017年に作詞や脚本制作、コンサート、舞台のコーディネートを手がける会社として「株式会社夙川座」を設立。去る6月に、最新作「クララ・シューマン天才のヨメはん」をクレオ大阪中央ホールで上演。大阪弁のボケとツッコミのセリフが笑いを誘い、二胡の哀愁をこめた音色がしんみりと流れる感動の「上方歌芝居」と好評を博しました。今夜は、座長、座付き作家のお二人がどこでどのような出会い「上方歌芝居」がつくられていったのか?なんと伊佐山さんとは意外なつながりがあったというノイリン、興味津々のトークが期待できます。

これに関連する記事

1 / 212

WordPress Themes