Posts tagged: 2021/01

おとなの文化村(653) となりの畑 山口沙弥佳さん

今夜のお客様は「株式会社FoodStoryJapan」(となりの畑)代表取締役、山口沙弥佳さんです。

山口さんは1982年、神奈川県横浜市のお生まれ。2006年、京都大学経済学部を卒業後、米国投資銀行リーマンブラザーズ証券債券本部で金融機関向け債権セールスに従事。2008年9月、リーマンショックとともに退職。その年の11月に長女、2012年次女、2014年長男出産。しばらく専業主婦を過ごした山口さんですが、2人目の子供さんが生まれた後ふたたび金融の仕事に戻りました。しかし改めて、母となった自分が本当にしたいことって何だろう?と考えていた時、食卓での衝撃的な長女のことばをきっかけにその後の人生が大きく変わっていきました。東北から始まった世界初の「食べ物つき情報誌、食べる通信」の大阪版「つくりびと」を2016年に立ち上げ、2017年には地元大阪野菜の宅配事業「となりの畑」をスタート。大阪の生産者・シェフ・消費者をフードトラックでつなぐ、地産地消の持続可能なまちづくりにチャレンジされています。昨年から続くコロナショックのなか「となりの畑」の取り組みはますます注目されています。地元大阪の食をきっかけに「私、いいところに住んでるやん!」と多くの人に思ってもらえる事業にしたいと笑顔で語る山口さん。今日はノイリンも話したいことがいっぱいあるそうです。

これに関連する記事

おとなの文化村(652) ヴァイオリニスト eRikaさん

今夜のお客様は「ヴァイオリニスト」のeRikaさんです。

eRikaは京都お生まれ。中学校卒業後単身渡米されます。17歳でニューヨークのマネス音楽大学に入学。卒業後、欧米でデビュー。その後ジュリアード音楽院、パリエコールノルマル音楽院で研鑽を積まれます。国内外のコンクールで最優秀演奏賞を受賞。ルーマニア国立オーケストラ定期演奏会では再々ソリストを務める。毎年、国際的な演奏家と共演を重ねる一方、京都及び東京では「ストリーofクラシック」シリーズ公演を毎年開催。オーケストラ・バッハ・ゾリステンとの共演では一夜に三曲の協奏曲を弾く偉業を達成。「津波ヴァイオリン」のチャリティーコンサートは再々開催し、2018年は下條アトム氏と共演。海外では在マレーシア等の日本大使館及び、在日本ロシア領事館でリサイタルを度々開催頂く等、日本各地、ニューヨーク、フランス、韓国、アジアへと活動範囲を広げてられています。2019年より「A Shooting Star 47」と題し現在全国ツアー中。2020年12月28日初めてのCD「eRika 2020 TWENTY-TWENTY」発売。ラジオパーソナリティーとしても活動。(FM79.7「erikamusica2you」)今夜は京都市長も応援されているeRikaさん。コロナ禍でもっと幅広く、みなさんに音楽を届けたいとCD発売など今後の活動のお話を中心に語っていただきます。

 

これに関連する記事

おとなの文化村(651) OSK日本歌劇団 翼和希さんと由萌ななほさん

令和3年トップを飾るゲストは「OSK日本歌劇団」から翼和希さんと由萌ななほさんのお二人にお越しいただきました。

華やかな容姿に加え、ダイナミックなダンスと歌に秀でた成長著しい男役スター「翼和希」さんは大阪、枚方市のご出身。2013年「春のおどり」の初舞台以降、その活躍ぶりはめざましく次の時代を担う男役として注目を集めています。由萌ななほさんは兵庫県芦屋市のご出身、2011年「春のおどり」で初舞台。ディズニー大好きというか可憐な娘役、OSKファンのノイリンは「2019年、新選組コンチェルト公演・芸子役がとても印象に残っています」とのことです。昨年はコロナウィルス感染拡大で中止となった「レビュー春のおどり」今年は1月28日から31日まで道頓堀松竹座で公演されます。~大阪の春は春のおどりから・・・~新春1月に花開く今年の春のおどり。その見どころ聞きどころをお二人からたっぷりと語っていただきたいと思います。

これに関連する記事

WordPress Themes