Category: ゲスト紹介

おとなの文化村 (056回) 大阪が誇る直木賞作家 難波利三さん

今夜のお客様は 大阪が誇る直木賞作家、難波利三さんです 。

1936年生まれ 島根県太田市温泉津町(ゆのつまち)のご出身。関西外国語短期大学を中退後 業界新聞に勤務サラリーマン生活の最中病にたおれ 療養期間中に執筆活動に入られ、その後小説家として独立。1972年「地虫」(ジムシ)でオール読み物新人賞を受賞そして1984年には「てんのじ村」で第91回直木賞を受賞。作家としての地位を確立され 現在は日本文芸家協会、日本ペンクラブに所属され執筆活動を展開されると共にテレビ・ラジオのコメンテーター、講演活動など幅広く活動されています。また其の傍ら様々なまちづくり活動に積極的に関わっておられ 中でも、異業種ネットワークとまちづくりを提唱する「なにわ名物開発研究会」において「なにわ大賞」の選考委員長として、毎年7月28日・ナニワの日に、こだわりを持って活動しているユニークな個人、団体の表彰活動に係わっておられます。そして 平成12年からは、故郷温泉津町で、新しい文化の創造と交流事業の拡大を目的として創設された「難波利三・ふるさと文芸賞」の審査委員長を務め、全国から応募される作品の選定に携わっておられます。

これに関連する記事

おとなの文化村 (055回) 日本一明るい経済新聞 竹原信夫さん

今夜のお客様は大阪の街を自転車で取材して回るユニークジャーナリスト日本一明るい経済新聞の編集長竹原信夫さんです。

関西大学社会学部マスコミ学科卒後フジサンケイグループの日本工業新聞入社。入社後は大阪で中小企業担当、浜松支局記者など経て、大阪にもどり繊維、鉄鋼、化学、財界、金融などを幅広く担当。平成9年2月から平成12年10月末まで大阪経済部長を務めた後、平成13年1月に独立、産業情報化新聞社代表となり、月刊紙「日本一明るい経済新聞」を発行されています。そして現在は「日本一明るい経済新聞」編集長の傍らNHKテレビ「おはよう関西」元気中小企業コーナーを担当、また大阪大学大学院工学研究科非常勤講師(知能・機能創成工学専攻ベンチャービジネス論)四條畷学園大学・短期大学客員教授、「KANSAI仕事づくりの会」事務局長、「石橋しゅんいち倶楽部」代表世話人、国連環境NGO(財)オイスカ参与などを歴任、 著作としては「活力経営の秘密シリーズ」(共著)「未来への挑戦変革に挑む中小企業」(共著)などがあります。今夜は 精力的に年間約500人の中小企業経営者に取材し大阪の経済状況を見つめ続けている月刊紙「日本一明るい経済新聞」編集長からみた大阪の今を語っていただきます。

これに関連する記事

おとなの文化村 (054回) 2008年度ミスえびすばし 田淵紅葉さん

今夜のお客様は この番組久々のキレイドコロの登場。第34代2008年度のミスえびすばし、田淵紅葉(タブチクレハ)さんです。

田淵さんは関西学院大学商学部在学中の21歳。大学ではマーケティングを勉強中で卒論のテーマはなんと「商店街マーケティング」また会計研究会というちょっぴりお堅いサークルに所属してサークル活動にもいそしんでいます。小さい頃のバレエのお稽古以外は鼻っからの文系肌。どちらかといえばスポーツは苦手、でも最近ゴルフに挑戦してみようかと思案中の田淵さん。趣味はお菓子作りとブログ、ブログは書くのも、見るのも大好きな田淵さんは、いま「ミスえびすばし」としてのブログも開設。そして現在はテレビ局アナウンサーやレポーター、司会やモデル、社会人として活躍されている「ミスえびすばし」の先輩たちに習い、大学生活の傍ら立派なMCになるべく研修中だとか。今夜は2008年度のミスえびすばしの任期をまもなく終えようとしている田淵さんにこの1年をふり返っていただきます。

これに関連する記事

WordPress Themes