Category: ゲスト紹介

おとなの文化村 (066回) 紙芝居師の安野侑志さん

今夜のお客様はデシタル社会のいま、そのアナログなスタイルにふたたび人気が集まっている古くて新しいメディア「紙芝居」を35年以上にわたって続けておあられる、紙芝居師の安野侑志さんです。

1943年山形県は鶴岡市のお生まれ1962年に東京で高校を卒業後様々な職についたのち、1972年30歳を目前に全国で唯一箇所紙芝居業者条例のある大阪府において紙芝居業者免許を取得、そこから安野さんの紙芝居の道がスタートします。初舞台は100人の子どもたちだったそうです。以来37年、紙芝居一筋の道を歩んでこられた安野さん。現在はその後進育成のために一般社団法人「国際紙芝居協会」を設立され理事長に就任。また群馬高崎にある創造学園大学創造芸術科の客員教授。京都国際マンガミュージアム専属「ヤッサン一座の紙芝居」座長など幅広く紙芝居普及振興のために日々頑張っておられる安野さん。一時は絶滅危惧種とも称された「紙芝居」もいまではそんな安野さんの努力もあり東京に20人大阪に10人の新弟子がデビュー待ちだとか・・それでは安野さんの紙芝居一代記の始まり始まりィ~~~チョ~~ン!!

これに関連する記事

おとなの文化村 (065回) 天満天神繁昌亭の本 堤成光さん

今夜のお客様は つい先日9月15日に開業三周年を迎えた大阪の今イチバンの人気スポット天満天神繁昌亭のことを先ごろ本にして出版された 大阪商工会議所の堤成光さんです。

1961年大阪市生まれ。天王寺区で小学校5年まで育ち、その後、泉北ニュータウンに転居。1985年大学を卒業し、大阪商工会議所に入所。1992~94年の2年間は外務省に出向し、2年間バングラデシュの首都ダッカにある日本大使館で勤務。大使館では経済、商務を担当する。その後、国際部などを経て、1997~2001年の3年半、シカゴの日本企業による商工会議所であるシカゴ日本商工会議所の事務局長としてシカゴ駐在。現在は大阪商工会議所中小企業振興部の流通担当として勤務している。これまでに、大阪の観光魅力向上を目的とした大阪ナイトカルチャー事業を企画・実施した他、アメリカ村の落書き一斉消去事業を推進するなど、観光、まちづくり事業を担当されてこられました。そして現在は、大手小売業や商店街振興に向けた事業を主に担当。シカゴ駐在の時代に出会いのあった桂三枝師匠から「繁昌亭」の構想の段階から相談を受け、開業までいろいろと協力してきたこともあり今回その変遷を綴った「奇跡の寄席 天満天神繁昌亭」を執筆発行の運びとなりました。

これに関連する記事

おとなの文化村 (064回) 映画絵アーチスト 八条祥治さん

今夜のお客様はいまは懐かしくなってしまった映画館の看板を描く映画絵のアーチスト八条祥治さんです。

八条さんは1956年大阪市のご出身。学校を卒業後建築会社のサラリーマン生活をしていた八条さんですが1981年 映画看板絵師である父親の八条孝昌(たかまさ)さんが立ち上げた映画看板制作会社『八条工房』に弟子入りし看板絵師の修業をはじめます。以来 主に道頓堀、千日前、梅田、和歌山など関西一円の映画館の劇場正面にある手描き映画看板をてがけることになります。当初は順調に仕事が進んでいましたが 90年代初頭のバブル崩壊と時を同じくして 各地にシネコンが進出することとなり 老舗映画館が続々閉館となり仕事も激減  最後の仕事先であった道頓堀の映画館が閉館した2007年に 師匠である父が他界。親から受け継いだ 手描き看板の技術を後世に残したいとの想いが強まり 今年3月に「大好きなスターやタレント、恋人や大切な人を描いてみませんか!」をキャッチフレーズに 「映画絵倶楽部」をスタートコンピュータグラフィックスでは出せないぬくもりのある手描きの看板絵にこだわり続ける毎日です。

これに関連する記事

WordPress Themes