おとなの文化村(714)  日本アルバムセラピー協会 林さゆり

今夜のお客様は「株式会社夢ふぉと」代表取締役、一般社団法人日本アルバムセラピー協会 代表理事、林さゆりさんです。

林さんは1965年、滋賀県湖南市生まれ。1985年、大学卒業後JTBに入社。1998年32歳の頃「世界一大好きだった明治生まれの祖母の思い出」をきっかけに、人にとってかけがえのない大切な思い出をカタチにして人の幸せに貢献したいと机一つ電話一本を3万円で間借りして、「思い出で人の心の温度を1℃上げます」を企業理念に「夢ふぉと」を起業。現在、全国の卒業・卒園アルバム制作や、全国の学校で写真を使ったパソコン授業を無償提供。「自分図鑑」や「自分物語」を作って発表し、子供達の自己肯定感や思い遣りの心を育む授業を全国の子供達に提供する「株式会社夢ふぉと」を経営。また、心が疲れてストレス社会を生きる人々のお役に立ちたいと2015年「一般社団法人日本アルバムセラピー協会」を設立、代表理事として活躍。海外バックパッカーとして20カ国を経験、後進国の学校支援や食糧支援等を継続されています。おとなの文化村なんでやねん博士、セキセイ株式会社西川会長が理事長をつとめる「内閣府認証NPO法人ジャパン メディカル ケア アソシエーション」SDGs アドバイザリーメンバーとしても活躍。座右の銘は「たかが一人、されど一人」。マザーテレサもガンジーも最初は一人の人間の想いから。「偉い人にならなくても良い、なくてはならない人になれ」と日々全力投球の林さゆりさん。今夜はその熱い思いをお届けします。

これに関連する記事

おとなの文化村(713)  落語家 四代目桂春團治さん

今夜のお客様は落語家、四代目桂春團治さんです。

四代目桂春團治さんは、1948年(昭和23年)生まれ、大阪府寝屋川市のご出身。1965年三代目桂春團治に入門、春章と名乗り上方落語界入り。1967年大阪府立桜塚高校卒業後、内弟子となり1968年新世界新花月で初舞台。テレビ番組「2時のワイドショー」では、ミヤコ蝶々から「はるさん」の愛称で呼ばれ可愛がられ、ワイドショーなどのバライテェー番組で、お茶の間の人気者に。1968年、一心太助の助の字で「春之助」を、1993年から車編の「春之輔」の名で活躍され、2003年より「上方落語協会」幹事長、副会長を歴任。2018年上方落語の大名跡、四代目桂春團治を襲名されました。現在、大阪市立大学、相愛大学の客員教授、公益社団法人「上方落語協会」相談役として上方落語界の隆盛に力を注いでおられます。そしてこの番組でおなじみ、「社会福祉法人」「医療法人」「NPO法人」で構成、自立自由度の高い福祉で社会に貢献する「豊泉家」グループが、来る4月1日にオープンする介護型ケアハウス「豊泉家 芦屋山手」の監修、プロデュースに春團治さんが参画されることになりました。さあ、上方落語の大御所、春團治師匠がいま注目の介護型ケアハウスでどのようなプロデュースを展開されるのか・・・お待たせいたしました、四代目にご登場いただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(712)  株式会社北浜化学 馬場雅也さん 赤阪靖之さん

今夜のお客様は「株式会社北浜化学」代表取締役、馬場雅也さん、取締役製造企画部長、赤阪靖之さんのお二人です。

株式会社北浜化学は、廃プラスチックや廃タイヤを焼却ではなく、ヨーロッパで主流の熱分解する事により、二酸化炭素をほぼ出さずにガスやオイルを取り出せる機械の開発・製造に取り組み、地球とともに生きる環境リサイクル事業を世界に展開しようと昨年、設立されました。代表取締役の馬場雅也さんは1960年生まれ、神戸大学経営学部卒業後、総合広告代理店「株式会社宣成社」を設立、広告、広報、マーケティングに幅広く取り組みクライアントも多種多様。特に地域・自治体・政治関係に精通し、地域の活性化やイベントなども多数手がけ「大阪府政だより」の編集制作や大阪IRの広報にも携わっておられます。取締役製造企画部長、赤阪靖之さんは1973年生まれ、大阪商業大学付属高校から四天王寺国際仏教大学に進学、リサイクル事業、福祉事業を展開する「赤阪商店」の代表取締役として複数の会社を経営されています。積極的にSDGsへの取り組みを行う推進メンバーが集まり、SDGs 9番「産業と技術革新の基盤をつくろう」、14番の「海の豊かさを守ろう」を実践しているのが北浜化学。そのビジョンに紹介されている小型熱分解装置の名前は「化神」、さあ今夜はどんなお話を聞かせていただけるか興味津々です。

これに関連する記事

WordPress Themes