おとなの文化村(355回) 大阪市浪速区の区長 玉置賢司さん

今夜のお客様は、大阪市浪速区、区長の玉置賢司さんです。

玉置さんは昭和42年、〇●のお生まれ、京都、花園大学文学部を卒業後、平成3年、株式会社ニチイクレジットサービスに入社。管理部経理担当、上場準備室担当をへて管理部財務担当に従事。平成6年からはアリコ、現在のメットライフアリコにコンサルタント社員として入社。平成13年、寺川ビルディング株式会社、取締役業務運営本部長に就任。翌、平成14年に有限会社アート商事代表取締役。
平成19年から、あなご、玉子等の食材を販売する、株式会社グリーンフーズに入社。営業部長、統合プロジェクト室部長、取締役管理部長兼統合プロジェクト室部長を歴任されます。平成22年に、クリア株式会社代表取締役としてロンドン、台湾に会社を設立。そして、大阪市の区長公募に応募され、平成24年8月に「浪速区長」に就任されました。今夜もよろしくお願いします。

これに関連する記事

おとなの文化村(354回) おもしろ農業理事長 片桐新之介さん

今夜のお客さまは「農・食・まちづくり」をキーワードに活動する、NPO法人おもしろ農業理事長、片桐新之介さんです。

片桐さんは1977年、東京のお生まれ大手百貨店食品部、経営企画部IT戦略部門に11年間勤務。現在は、大阪で飲食コンサルタントとして、飲食事業・農業支援の会社の代表をつとめるとともに、IT会社取締役、週末農業塾「アグリイノベーション大学」講師として活躍されています。2012年から、奈良市中心市街地活性化タウンマネージャー、兵庫県まちづくり政策審議委員を歴任。創業者支援、商店街活性化や都市緑化案件に関わりました。食文化を生かした商品開発や売場プロデュースでは、淡路島で古代米をつかった新商品開発などを実践。日本酒ソムリエ「きき酒師」の肩書で食情報・地域情報発信サイトなどに執筆するなど、幅広い活躍をされています。今夜はひとことで表し切れない、そのマルチな活動に迫ってみたいと思います。

これに関連する記事

おとなの文化村(353回) ビルマニアカフェ 高岡伸一さん

今夜のお客さまは建築家の高岡伸一さんです。

高岡さんは1970年、大阪生まれ。大阪大学大学院工学研究科建築工学専攻終了後、設計会社勤務を経て高岡伸一設計事務所を主宰。現在、大阪市立大学都市研究プラザ特任講師、大阪府立江之子島文化芸術創造センターチーフディレクターとしてご活躍。設計の仕事と並行して、近代建築や戦後の建築の再評価・利活用について研究・実践活動に精力的に取り組んでおられます。行政や土地所有者の協力を得て公共空間の利用方法を検討する「船場アートカフェ」地域の人々や所有者にビルのよさに気づいてもらう「BMC~ビルマニアカフェ」など、建物やまちを活用する視点からユニークな活動をされています。今夜は高岡さんが経験されたさまざまな活動のご紹介や、大阪の建築の魅力やこれからの課題など、お伺いしたいと思います。

これに関連する記事

WordPress Themes