おとなの文化村(440回) OSAKA WONDER LOOP ワンダーパーク味園 堀 感治さん

今夜のお客様は「一般社団法人ワン大阪ループバス推進機構」理事長の堀感治さんです。

堀さんは1976年(昭和51年)9月大阪生まれ、現在40歳 1988年、アメリカ合衆国カルフォルニア、サンノゼへ留学お父様の会社が、多額の負債を抱えて倒産した為、6年後に帰国1997年帰国後、21歳で不動産開発及び企画営業代行を営むケイズプラザを起業。2000年 株式会社へ法人化その後、「一般社団法人ワンオオサカループバス推進機構」、「一般社団法人関西インバウンド事業推進協議会」や、「株式会社ワンオオサカリバークルーズ」等を設立し、大阪市内13カ所乗り降り自由の金色の周遊バス「wonder loop bus」の運行や、関空第2ターミナル内の観光案内所の運営、1万人に飛行機機内で手渡しす媒体「sky plus」の発行、道頓堀や大阪城、淀屋橋間を定期運航する観光船「wonder cruise」の運営などインバウンドに関する事業を展開されています。そして来年からは、ミナミ千日前「味園」で関西最大級の体験型ツアー「ワンダーパーク味園」をスタートされます。今夜はそのパワフルな活動と、これからの関西インバウンドにかける熱い思いをたっぷりと語っていただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(439回) 熊本復興チャリティ~ドリーム~ 岡部優妙さん

今夜のお客様は来る12月7日に大阪で「熊本復興チャリティ~ドリーム~」を企画・プロデュースされる、株式会社アレキサンドライト代表取締役の岡部優妙さんです。

岡部優妙さんは1957年、福岡県太宰府市のお生まれ。宝塚音楽学校を卒業され入団、星組で活躍され退団。1979年からは舞台・ステージ・テレビ関係など製作に関わるジャンルを、放送プロデューサーのもと幅広く習得するとともに、今までの経験を生かしダンス講師として多くの生徒さんを育てて来られました。1986年、大阪城ホールでの出演、サンケイホールでの「きものファッションショー」の構成・振り付け・制作などを皮切りに、1991年からステージ演出・舞台・テレビコマーシャル、企業の新製品発表イベントなど、総合プロデューサーとして活動。そして2011年、株式会社アレキサンドライトを設立。「共に高め合う」精神のもと、エンターテイメントをベースに日本から海外へ、イベント部門は芸術と文化をテーマに発信。企業や個人のお客様のニーズに合わせたイベント・ディナーショー・トークショー・ファッションショー、そしてテレビ・ラジオ・CM等、台本作成からタレントキャスティング・ステージ製作のすべてを取り扱っておられます。また、物販部門として、環境をテーマに次世代の子供たちとお客様に感動と喜びを届けようと高品質な商品を企画販売されています。今夜は12月7日にエディオンアリーナ大阪で、多彩なジャンルの方々の出演で開催される「熊本地震」の復興チャリティイベントを企画・プロデュースをされて、九州出身者として何としても成功させたいと日々東奔西走されているところをお越しいただきました。


Read more »

これに関連する記事

おとなの文化村(438回) 五代目旭堂小南陵さんと四代目玉田玉秀斎さん

なにわを語るなにわなピープル、今夜のお客様は11月25日そろって襲名披露興行をなさいます上方講談師、お二人におこしいただきました。まずは五代目旭堂小南陵を襲名される旭堂小二三さんと四代目玉田玉秀斎を襲名される旭堂南陽さんです。

小二三さんは2001年平成13年7月、旭堂小南陵、現四代目旭堂南陵師匠に入門、大阪八尾市の出身でOL、俳優をへて講談の世界に入り、講談はもちろん各種メディア、講演、舞台、MCなど各地で精力的に活動され、第70回文化庁芸術祭新人賞など受賞されました。南陽さんは2001年平成13年11月に、おなじく旭堂小南陵、現四代目旭堂南陵師匠に入門。大阪平野区の出身で高校時代にスウェーデンに長期留学、大阪市立大学法学部卒業という経歴の持ち主ですが、講談を全く知らなかった司法浪人時代に「弁護士も講談師も最後に「し」がつているから一緒や・・・」との師匠の一言で講談師になった変わり種。そんなお二人がそれぞれの新しい取り組みにもチャレンジしつつ修業をつみ、今週金曜日に国立文楽劇場で「W襲名披露興行」を行うことになりました。奇しくも新米講談師時代にアルバイトしていた「ワッハ上方のミユージアムショップ」そのオーナーがなんとノイリンというご縁でもつながっています。

これに関連する記事

WordPress Themes