おとなの文化村(422回) 関西盛り上げ隊 OSAKA翔GANGS

今夜のお客様は 大阪発の女性6人組Dance&Vocalユニット「OSAKA翔GANGS」の皆さんです。

OSAKA翔GANGS ( 通称 : 翔ギャン ) は”関西盛り上げ隊”、”浪花の元気(やんちゃ)なお祭り娘”をコンセプトに2006年11月にデビュー。歌・ダンスといったライブ活動を中心に、大阪から全国へと元気を発信。また、舞台やコント・漫才など活動の幅は広く、各メディアにも取り上げられています。2014年、CX系「歌がうまいアイドル日本一決定戦」で関西代表として出場し、メジャー級アイドルを抑えて決勝進出。そして、マカオで行われたアイドルイベントにも出演。2015年、2016年と2年連続、吉本新喜劇にも出演。結成10周年となる今年、ベストアルバムを発売。また、創業明治25年、124年の歴史を誇る「粟新」さんの大阪銘菓「粟おこし」とコラボし「翔GANおこし」を発売。嘉門達夫さんより楽曲提供をしてもらうなど、老若男女問わず、誰からも愛されるキャラを目指し、様々な角度から大阪を盛り上げる活動に日々奮闘中。今年の第19回なにわ大賞にも応募、なんとその主催者代表がノイリン・・・さて結果はどうだったのでしょうか?ノイリン教えてぇ~

これに関連する記事

おとなの文化村(421回) 俳優・劇作家・演出家 南条好輝さん

今夜のお客様は俳優・劇作家・演出家としてご活躍の南条好輝さんです。

南条好輝さんは1952年生まれ、兵庫県篠山市のご出身で、丹波篠山ふるさと大使をつとめておられます。関西大学で、関大劇研「学園座」に在籍当時、寺山修司の天井桟敷にて修行。NHK大阪放送劇団付属研究所、劇団五期会座長を経て、現在スターマップと朗読・演劇教室の「南条ゼミナール」を主宰。関西を中心に、テレビ・舞台で活躍されています。新劇から商業演劇までその守備範囲は広く、紅壱子・南条好輝の二人舞台「男女浮世回舞台」で、池袋演劇祭グランプリはじめ数々の賞を受賞。三島ゆり子さんとは「語り芝居」という新境地を開拓し、「近松世話物二十四本」全作品の上演を達成、大阪文化祭奨励賞を受賞されました。テレビ、映画、舞台のほかに脚本家として多くの作品も手掛けられています。「紅壱子・南条好輝の二人芝居」~「おとことおなごのいろごといろいろ~男女浮世回舞台」は四半世紀にわたり250ステージを越え、いままだ色褪せない傑作。来月、8月5、6、7日の三日間、道頓堀ZAZAで上演されます。「いつまで演れるか、この舞台。いまのうちでっせ、ほんまに・・・」と・・・。

これに関連する記事

おとなの文化村(420回) A-yan!!代表 田中やんぶさん

なにわを語るなにわなピープル、今夜のお客様は「A-yan!!(エーヤン)関西をアートで盛り上げるNPO、代表の田中やんぶさんです。

田中やんぶさんは1970年5月、大阪市阿倍野区の生まれ。幼少期は、コーラ瓶を集めては酒屋さんに売りに、ザリガニをいっぱい捕まえてはペットショップに売り歩いた「あほぼん」だったと、ご本人の弁。自転車大好き、ウロウロするのが大好き、それが高じてバイクを手に入れウロウロしたまま日本一周をしていた「金ない、コネない、モテない」青春時代・・・。高校卒業後は、コンピューターのプログラマー、旅行会社の添乗員、屋台の販売員、水商売とおよそ50ぐらいいろんな職業を経験しながら大阪中をウロウロ。大コンパ大会を居酒屋でイベント企画したのを皮切りに、25歳の時には枚方市で自主映画を製作。大阪府立青少年会館で芝居やパントマイム、ゴスペルに出会います。 自主制作映画や舞台に出ながら、堺市文化振興財団が主催する「100万円やるからなんかイベントせえや」という企画に応募。審査委員長「21世紀ディレクターズユニオン」代表、林信夫さんらの目に留まり大賞を受賞。生活は、昼間の仕事がリストラされ夜の世界に・・・。ミナミの名店のマスターに拾われ始めたホステス稼業では、マネージャーにまでなり、お店が楽しくてどっぷりのホスト生活を満喫していました。そんなある日、イベント業界の第一人者、「マッシュ」間藤社長が店に遊びに来られて、「お前のやりたいことをきちんとせえや!」と一喝!・・・・・その一言で、夜の稼業から足を洗いました。それから、市民イベント、地域イベントの面白さに改めて気づき、イベントを学びながら「A-yan!!」の前身チームを立ち上げ、御堂筋パレードに出場。さまざまなアーティストやボランティアさんと出会い「関西をアートで盛り上げるNPO A-yan!!」代表、コミュニケーションアートの芸術家、役者、イベントプロデューサーとして、『みんなでオモロイコトで楽しむ』を合言葉に地域、町会や行政、企業、を問わずアートというより『オモロイコト』、『けったいな事』で多くの人を巻き込み大阪を盛り上げる活動を展開中、という田中やんぶさん・・・ノイリンとは15年余り前からの知り合いということですが、じっくりと話すのは久しぶり・・・さあ、いまやんぶさんが仕掛けていることは・・・伺っていきましょう。

これに関連する記事

WordPress Themes