おとなの文化村(426回) 小説家・ノンフィクション作家 上田賢一さん

今夜のお客様は小説家、ノンフィクション作家の上田賢一さんです。

上田さんは1949年 和歌山県有田市のお生まれ。 1970年 関西大学経済学部在籍時に、日本のロック・フォークのイベント「Be-in LOVE ROCK」後の「春一番コンサート」を福岡風太と主催。その後、タウン誌「プレイガイドジャーナル」の編集に関わり、コラムなどを連載されます。またギタリスト中川イサトのアルバム『1970』(URC)『お茶の時間』『黄昏気分』の制作に作詞者として関わり、以後、憂歌団、河内家菊水丸、京都看護大学校歌などを手掛け、坂本龍一の「福岡アジアマンスのテーマ・ASIAN FLOWERS」などの企画制作に携われました。1975年、毎日放送、FM大阪に番組構成者として参加、以後10年間、ラジオ・テレビの番組構成者を主な職業とし、ここFM大阪の「水沢アキ、大橋純子のファッショナブルサウンド」ほかMBSラジオ、ニッポン放送、ABCテレビ、テレビ大阪など多くの番組を担当。1983年、中国を自由に歩けるツアー「上海フリーツアー」に1920年代の西洋建築群が見たくて参加。和平飯店で「和平飯店老年爵士楽団(Peace Hotel Old Jazz Band)」に出会い、10回以上渡航。その紀行文を「月刊PLAYBOY」誌に掲載。これをきっかけに、以降は活字の世界に入ることになります。 主な著書に、「上海パノラマウォーク」「京の町家・次の千年続けます」「猛虎伝説」「上海ブギウギ1945〜服部良一の冒険」「コテコテ論序説〜ナンバは日本の右脳である」「バンドマン遠山新治の物語」をはじめ、今年7月には「エンタツアチャコのぼくらは探偵」を(河出書房新社)から出版されました。今夜は、この新刊のご紹介はじめ、ユニークな経歴は言うに及ばず、いまもさまざまな顔を持つ上田賢一さんを、徹底、いえ少しでも・・・解剖していきたいと思います。

これに関連する記事

おとなの文化村(425回) 松竹新喜劇 渋谷天外さんの奥様 渋谷久代さん

今夜のお客様は「松竹新喜劇、代表、渋谷天外」さんの奥様で、今回CDを発表された「渋谷久代」さんです。

渋谷久代さんは昭和29年、滋賀県のお生まれ。高校卒業後呉服店勤務を経て、昭和51年「松竹新喜劇」に入団。滝由女路(たきゆめじ)の芸名で19,000あまりの舞台に出演。平成4年9月、渋谷天外さんとの結婚を機に松竹新喜劇を退団。お芝居が好きで入った世界から足を洗うのはちょっと寂しかった、ということですが、三代目渋谷天外襲名のバックアップ体制に専念されることになりました。「おっちゃん」「嫁はん」と呼び合うオシドリ夫婦として天外さんを支えてきた久代さん。今回、結婚25周年を記念して、念願のCDを発売されました。~芝居は舞台の上に随分立ってきたけど・・・唄は初めてのこと・・・聞いていただいた皆様へ「女優、滝由女路」を感じ取っていただければ幸いです~と語る久代さん。今日は、おっちゃん三代目渋谷天外さんにもスタジオにお越しいただき、記念CD「夢の路」を聴きながら、お二人の愛の宝物にまつわるお話をお伺いしたいと思います。まずは、今回の主役、渋谷久代さんにご登場いただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(424回) 大阪おせっかい研究所 林佑磨さん

今夜のお客さまは「大阪おせっかい研究所」所長の林佑磨さんです。

林さんは、1988年愛知県のお生まれ。2013年名古屋大学大学院工学研究科を卒業、就職のため、大阪にやってこられます。それから3年、会社と家以外の場所を求めて「水都大阪」や「縁活」などのボランティア活動に参加。その中で、大阪府立江之子島文化芸術創造センターの主催する「enoco の学校」を知り、2期生として受講。昨年3月、 卒業と同時に受講生の有志と「大阪おせっかい研究所」を設立。そして、9月には脱サラを決意し、「大阪人のことを知る ならまず行くべき」と思いから「ディープな街・西成」に移住。地域イベント「どっぷり昭和町」へのボラン ティア参加がきっかけで、お隣り阿倍野の街とそこに住む人々が好きになり、いまは阿倍野へ拠点をうつして活動中です。<大阪おせっかい研究所>は「外国人観光客が大阪で道に迷っているのを見ても、英語の壁があってなかなか話すことができない 大阪人を後押ししたい」と、昨年8月から、「寸劇を交えたミニ英会話講座」の開催をきっかけに、現在は「おせっかいを研究する」ことに重点をおいた活動を展開。この9月には「大阪人解剖学」と題し、様々な角度から大阪人の人生についてインタビューすることで、人がおせっかいになる要因を 探り出すイベントをスタート。たくさんの大阪人をゲストに招き、データを集め、大阪の「おせっか い文化」の成り立ちの発見と発信を目指さしていきます ・・・。また、今年6月には「文の里商店街おせっかい弁当コンテスト」と称して「文の里商店街を盛り上げる取組み」を試験的に実施。商店街活性化事業や、ディープなスポットの広報事業を立ち上げる計画です。「大阪おせっかい研究所」なるネーミングに惹かれて、おせっかいしたくなったのが、我らがノイリン!さあ、この番組のおせっかい度は・・・どんなもんでしょう?さっそく調査開始していただきましょう?

これに関連する記事

WordPress Themes