おとなの文化村(411回) 上方歌舞伎塾 片岡千次郎さん

今夜のお客様は昨年に引き続き「あべの歌舞伎、晴(そら)の会」を公演される若手上方歌舞伎俳優「片岡千次郎」さんです。

あべの歌舞伎「晴(そら)の会」は松竹歌舞伎塾第一期生、片岡松十郎さん、片岡千壽さん、片岡千次郎さんの3人で昨年旗揚げ、アベノ近鉄アート館で第一回公演を開催。1,200人のお客様の前で3日間、好評な舞台を繰り広げられました。今年は7月29日から8月1日まで4日間にわたり6公演を開催。昨年同様、山村友五郎さんの演出・振り付け、片岡秀太郎さんが監修をつとめられます。今夜のゲスト、片岡千次郎さんは昭和56年、橿原市のお生まれ。平成11年上方歌舞伎塾第一期を終了、3月に大阪松竹座「忠臣蔵」で初舞台。12月南座公演から片岡千次郎を名乗ります。そして、平成25年12月、南座公演で「名題」に昇進されました。昨年に続いて、若手三人衆を代表してスタジオにお越しいただいた千次郎さん。ことしのあべの歌舞伎の内容や見どころとともに、今回はじめて導入するという「クラウドファンディング」のご案内もお話しいただきましょう・・・それでは千次郎さん、待ってました。

これに関連する記事

おとなの文化村(410回) 野球界番付社・代表 塩村和彦さん

今夜のお客様は「野球界番付社」代表で「竜田紙工株式会社」社長の塩村和彦さんです。

リスナーのみなさん、2016年のプロ野球も序盤戦5月に入り熱戦が繰り広げられています。昨年活躍した選手が移籍したり、大リーグへ渡ったり・・・。セパ12球団で新人、中堅、ベテランとおよそ800人にのぼる選手を、横綱から序の口まで、実力順に番付をつくり掲載している「日本野球界番付」の存在をご存知でしょうか?20年以上にわたって、この番付をつくり続けているのが塩村和彦さん。塩村さんは1960年のお生まれ。大阪明星高校~龍谷大学を卒業後、1983年に竜田紙工株式会社に入社。1993年から「日本野球界番付」を発行されるほか、相撲グッズでも1995に大相撲「明荷くん」を発売。2008年から「行司相撲字一覧」制作など、様々な相撲商品を発表されています。今夜は、ことしの「野球界番付」はどの選手がどの位置に?また、番付作成に至る「番付編成会議」とはいかなる組織なのか・・・?プロ野球は、「なにわ」にこだわりながらも、なぜか「大のスワローズファン」で知られるノイリン。そして、今夜は野球オンチのノグッタンに代わりピンチヒッターでスタジオ入りまた「よっさん」とともに、さあ、あなたのごひいき選手の番付は・・・じっくりとお聞きいたしましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(409回) 安井建築設計事務所・社長 佐野吉彦さん

今夜のお客さまは「株式会社安井建築設計事務所」代表取締役社長、佐野 吉彦さんです。

佐野さんは1954年神奈川県生まれの西宮育ち。1981年、東京理科大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程を修了され、竹中工務店に入社されます。1986年に安井建築事務所に移籍、取締役社長室長に就任。1989年、常務取締役東京事務所長となり、1992年には札幌近代文学館コンペで北海道知事特別奨励賞を受賞されます。そして、1992年、安井建築事務所専務取締役、1997年に代表取締役社長就任。東京の「メトロポリタンプラザ」で鉄道建築協会賞。北海道「JR新千歳空港駅」で鉄道建築協会最優秀賞、第5回国際鉄道デザイン賞「ブルネル賞」を受賞されるなど、建築家として活躍され、現在、東京理科大学大学院客員教授、日本建築士事務所協会連合会副会長、大阪府建築士事務所協会会長、2015年にアメリカ建築家協議会から名誉フェローの称号を授与されました。安井建築事務所は、1924年(大正13年)、安井武雄氏が創設。大阪倶楽部、ガスビル, 野村證券本社ビルなど大正末から昭和初期「大大阪」の時代の今も残る名建築を多数手掛けられています。大学時代には東京理科大学管弦楽団に在籍、いまも日本テレマン協会理事、関西フィルハーモニー管弦楽団理事として活動されるほか、フルマラソン完走40回以上のいう多彩な顔を持つ佐野吉彦さん。さて、今夜のお話はどんなハーモニーを奏でられるのでしょうか・・・興味津々です。

これに関連する記事

WordPress Themes