おとなの文化村(366回) 有限会社徳山食品 ホン・ソンホさん

今夜のお客様は、有限会社徳山食品 代表取締役のホン・ソンホさんです。

ホン社長は1964年2月、うお座のお生まれ。おばあさんが、韓国伝統餅(トック)と韓国伝統冷麺の製造販売を鶴橋で1948年に創業した株式会社徳山物産に入社、営業本部長、常務取締役を経て、2010年に取締役社長に就任。そして2013年から、トック、トッポギ、韓国冷麺をあつかう徳山食品の代表取締役に就任されました。在日コリアンが最も多く暮らし、日本の中で独特な文化をはぐくみ、創出してきた大阪鶴橋・コリアタウン、そこで生まれ、愛され、育まれ、60年。それ以来、「おいしいものに国境や差別はない!」という信念のもと、食を通じて日本の中で、韓国と日本、両国の理解を深めていくため日々努力をかさねて来られました。今夜は、美味しいトックや冷麺のお話しはもちろん、スィーツなど新商品開発とともに、徳山食品さんの本拠地、コリアタウンの魅力などたっぷりと語っていただきましょう。

これに関連する記事

おとなの文化村(365回) タウン新聞社 創作落語の作家 今田ていこさん

今夜のお客様はタウン誌のお仕事のかたわら、詩やエッセイ、創作落語の作家としてご活躍の今田ていこさんです。

今田さんは、大阪府のご出身。年齢は・・・松田聖子世代とか・・・専門学校をへて、調理栄養士として10年間保育所に勤務されます。現在は、タウン誌の企画・広報・ライターとして活動されており、思い出に残る取材として、この番組にゲスト出演された「がんこ寿司の小嶋会長」「お好み焼き千房の中井社長」らがおられたとのこと。6年前から「文芸誌・伽羅」の同人として参画。詩、エッセイ、創作落語の執筆に日々取り組んでおられます。お料理の腕はもちろんプロ、現在「レシピ付き絵本」を制作中で、その出版が待たれます。今夜は、オリジナルの創作落語も、自作自演していただけるかも・・・・マルチな活動の今田ていこさん、今夜はノイリンの料理さばきが楽しみです。

これに関連する記事

おとなの文化村(364回) 在日コリアン舞踊家 裵 梨花さん

今夜のお客様は、在日コリアン舞踊家、裵 梨花(ぺ・イファ)さんです。

ペさんは1953年、岐阜県各務原市に、在日韓国人2世、8人兄弟の末っ子として生まれます。そして1992年、「あらゆるジャンルに民族の魂を表現したい」という思いから、「舞踊研究所アリラン」を開設。1995年から、韓国伝統舞踊師範、「金初香流」鄭珉先生に師事、数多くの韓国古典舞踊・太鼓・チャンゴ舞・教坊舞・扇舞などを取得。京都まつり、左京まつりなど地域に根付いたボランティア公演や、京都・大阪・名古屋・鳥取の高島屋で開催された「大韓国祭」での韓国伝統舞踊公演などに活躍。2001年から、大阪鄭珉芸術学院教師、鄭珉流・裵 梨花韓国舞踊学院として運営・活動をされています。2009年に株式会社TK Dreamsを設立。イベント、プロデュース業にも取り組まれるほか、京都、滋賀の小・中・高およそ300校以上で外国人教育・人権学習講師として活動され、二期連続「京都市民功労賞」を受賞されました。そして、映画監督、港健二郎さんとの出会いが、「在日コリアン舞踊家 裵梨花の活動の真髄を表現した 長編ドキュメンタリー映画~花のようにあるがままに~」として完成、いよいよ来週、上映会が開催されることになりました。

これに関連する記事

WordPress Themes